きれいになること

女性

目付きの悪さを改善する二重整形

学生の頃、目付きの悪さを指摘されていじめにあったり、自分に自信が持てなくて引っ込み思案になってしまったりしたことがあるという苦い経験を持つ人は少なくないといいます。特に、一重で切れ長の目というのは確かに普通にしていても目つきが悪く見えてしまうことがあります。そうした苦い経験をしたことで、大人になってから美容整形を決意して銀座の美容外科クリニックに足を運ぶ方もいます。銀座のクリニックでは、過去のトラウマをカウンセリングで聞いて、できるだけコンプレックスを和らげ、きれいになるための二重整形を提案します。例えば、目が細くて幅が狭い小さな目というのは、鋭く見えてしまい目付きが悪いと見られがちです。そこで、目頭並びに目尻を少し切開することで、白目の面積を増やし、目を大きくします。こうすることで目付きの悪さはかなり改善されるのです。さらに、銀座の美容外科クリニックでは魅力的な目元になるために、二重の美容整形を提案しています。こうすることで、過去の自分とさよならできます。

美容整形手術をするのが怖いという人に対しては、埋没法でぱっちり二重にするだけでも顔の印象を大きく変えることができるのです。一重と二重では、顔に占める目というパーツの大きさも異なります。人間の顔立ちは、やはり目の印象が人による印象を左右します。そのため、銀座のクリニックは整形手術に抵抗があるという人に対しては、手始めに埋没法によるプチ整形を提案しているのです。銀座のクリニックで実施している埋没法は、瞼の皮膚と瞼板を美容糸で結びつけることで、ぱっちりとした二重を作ります。この方法を用いれば、プチ整形であっても糸が取れなくなり、二重の効果を持続させることができるのです。目元の印象を変えて可愛くなりたいという希望にも、埋没法は応える事ができます。最近では、プチ整形が広く普及したことで整形に対する抵抗感も徐々に薄れてきています。目付きが悪いことがコンプレックスに感じているのであれば、まずは埋没法で手頃な美容整形を受けて、自分を変えてみるのも良いです。